お知らせ

タイ研修旅行(GPSA)

2019-12-24

GPSAとは?

GPSA for Healthは、高校生や大学生で、医師、看護師、薬剤師、バイオメディカルエンジニア、歯科医または、その他の健康に関するキャリアパスを目指す生徒たちに集中的なヘルスケア体験型のプログラムを提供します。高校生でこのような実際に医療活動のインターンシップやボランディア活動ができるプログラムは他にありません。

> 詳細はこちら

 

四人の生徒たちは 12月8日から16日までの9日間 GPSAタイでのパイロットプログラムに参加しました。 メータオクリニック はミャンマーから国境を渡ってタイに来る難民や移民の人々のために無料のヘルスケアを提供する医療機関ですが、そこでの医療ボランディア活動、クリニックに来ることのできない人々のためのコミュニティーアウトリーチ、学校や寮に出かけてヘルスケアに関する発表をしたり、そこの生徒たちとの交流を図ったりしました。ビルマ語やタイ語のレッスンを受け(患者さんとの会話に役に立ちました)料理教室でビルマの料理を作って楽しみました。また、公衆衛生と移民についての講義も受けました。メータオクリニックの創設者であるシンシア・マウン医師に表敬訪問をすることができました。

 

GPSAのプログラムを通して生徒たちは自分たちの働きが人々の役に立つことを実感し、自分の自信にもなりました。自分の将来の夢も明確になったようです。