お知らせ

School Trip to Eco Town

2010-06-18

School Trip to Eco Town

 

7年生は現在、環境科の授業でクリーンエネルギーに関して学習しています。
この校外学習は、風力、太陽光、水力など次世代エネルギーと呼ばれるエネルギー施設を実際に見学することで、それぞれのエネルギーへの理解を深めることを目標に行われました。

 

太陽光発電のパネルを見学中です。
なんと、ここには5600枚のパネルがあります。
鳥のフンが大敵で、毎日の見回りは欠かせない!
空が曇ったり、何かがパネルに被さったりしてしまうと 発電できなくなるそうです。

発電できなくなると聞くと、やってみたくなるお年頃。
パネルを隠す生徒たちの顔には笑みが絶えません。
みんなでバインダーを使ってパネルを隠し、発電中 のランプが消えるのを確認しました。

 

次は石炭による発電の説明。
日本の石炭の発電技術は世界でもトップだそうです。
アメリカ・インド・中国に日本の技術を持っていけば 1年間で日本が出しているCO2の量と同じ量のCO2削減 ができるそうです。

 

 

日本の発電の技術力にびっくりしながらもしっかり話を聞いています。

 

風力発電もみてきました。
全長100メートル!
10機で1年間1万世帯分の電力が賄えるそうです!
近くにいくと、「ブーン」という特有の音が聞こえてきます。

 

大きな風車のまえで記念写真を・・・

 

エコタウンセンターの中の展示ルームです。
発電の仕組みのパネルがゲームになっています。

 

ゲームとなると必死です。

 

色々なエネルギーの良さや発電の仕組みをパネルを使って 説明してもらいました。
中には小学部で勉強したものも!

 

日本のエネルギーの使用割合を比較したバーです。
いろいろなエネルギーがあるけれど、日本では石油の 使用が一番多いそうです。
最近は、CO2削減のため 減ってきているそうですが、バーで見るとまだまだでした。

 

ビオトープと呼ばれる人工湿地帯です。
底には大きなオタマジャクシが!!
みんな興味津々です。

 

知識としては分かっていたつもりでも、実際に見てみるとやっぱりすごいものです!
最初は遠慮がちに見ていた生徒たちも、途中からは積極的に質問し、それぞれのメリット、デメリットを考察していました。