施設・校舎案内

イングリッシュガーデン

イングリッシュ・ガーデン(日英学術文化交流締結記念庭園)

地域に開放された、本格的なイングリッシュガーデン
日英大学交流のシンボルとして本格的イングリッシュガーデンを造園しています。

An English Garden has been constructed symbolizing the exchanges which take place between British universities and our universities in Japan.

 

キャンパス内に広がる本格的イングリッシュガーデン

当校には本格的なイングリッシュガーデンが隣接しています。
イングリッシュガーデンとは、その名の通り、イギリスのガーデナーたちによって造園された英国式庭園です。

当校の学生はもとより地域の住民の方にも本格的なイングリッシュガーデンを楽しんで頂けるように、いつでも自由に出入りができる開かれた庭園となっております。


5月になれば、至るところに約10万株の原種のバラの花が見事に咲き誇り、バラを愛するたくさんの方々がゆっくりと散策を楽しむことができます。
また、多くの緑、それを彩る花々、白鳥たちのたたずむ湖もイングリッシュガーデンには欠かせない風景となっております。

1996年の開園以来、約10万人のご来園者を迎えることができました。


日本経済大学キャンパス学生食堂内 「英国風カフェテリアROSE」では、
コーヒー、紅茶、ハーブティーをはじめ、アフタヌーン・ティーも楽しめます。

イングリッシュガーデン開園時間

アフタヌーン・ティーセット予約ができます。
092-925-2827(日本経済大学カフェテリア)

イングリッシュガーデンマップ

バラの他にも見所がいっぱいです。

■ガーデンの広さ約27,000坪
※本校のイングリッシュガーデンを監修されたキースゴット氏は松江イングリッシュガーデンのヘッドガーデナーを務めておられます。松江イングリッシュガーデンをどうぞお楽しみください。

≫ 松江イングリッシュガーデン

中世のイギリスに、誕生の歴史があるイングリッシュガーデン。その真髄は、自然を愛し、自然とともに生きる思想をもとに、人為的ながらも自然そのものを創出し、草花に囲まれた空間と時間のなかで、人間本来のゆとりを創造する至福のときを過ごすことです。

人間は自然の生命力によって培われ、深い思索が生まれるはずです。キャンパス内には、“ 思索の庭”と呼びたいイングリッシュガーデンが広がっています。木漏れ陽の遊 歩道を散策し、樹木の香気を浴びながら森林をわたる風の声、小鳥のさえずりに耳を 傾ける。四季折々の草花を楽しみ、湖面に遊ぶ水鳥の姿に憩いと安らぎを感じれば、心もきっと癒されることでしょう。

イングリッシュガーデンの様子

イングリッシュガーデンの様子を定期的に配信
 

イングリッシュガーデンのフェイスブック

イングリッシュガーデンへのご来園者の声