教育内容

国際バカロレア ディプロマプログラム

国際バカロレア(IB)資格
国際バカロレア(IB)資格

国際バカロレア機構(本部ジュネーブ)が提供する国際的な教育プログラム。
国際バカロレア(IB:International Baccalaureate)は、1968年にチャレンジに満ちた総合的な 教育プログラムとして、世界の複雑さを理解して、そのことに対処できる生徒を育成し、生徒に対し未来へ責任ある行動をとるための態度とスキルを身に付けさせるとともに、国際的に 通用する大学入学資格(国際バカロレア資格)を与え、大学進学へのルートを確保することを目的として設置された。現在、認定校に対する共通カリキュラムの作成や、世界共通の国際 バカロレア試験、国際バカロレア資格の授与等を実施している。
≫文部科学省公式ホームページより抜粋

IBの使命 (IB Mission Statement)

国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに 貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的としています。
この目的のため、IBは、学校や政府、国際機関と協力しながら、チャレンジに満ちた国際教育プログラムと厳格な評価の仕組みの開発に取り組んでいます。IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人が もつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることの できる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけています。

IBの学習者像 (IB Learners Profile)
IBの学習者像 (IB Learners Profile)

IBプログラムは、国際的な視野をもつ人間の育成を目指しています。人類に共通する人間らしさと地域を守る責任を認識し、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する人間を育てます。 学習者として、下記目標に向かって努力します。

 

 ◆Inquirers 探究する人
 ◆Knowledgeable 知識のある人
 ◆Thinkers 考える人
 ◆Communicators コミュニケーションができる人
 ◆Principled 信念をもつ人
 ◆Open-minded 心を開く人
 ◆Caring 思いやりのある人
 ◆Risk-takers 挑戦する人
 ◆Balanced バランスのとれた人
 ◆Reflective 振り返りができる人

IBディプロマ・プログラム(IBDP)
IBディプロマ・プログラム(IBDP) IBDPでは、IBの学習者像を中心に、3つのコア(TOK、CAS、EE)と、6つの科目群を通して全人的な教育を実施します。知力だけでなく、探究心や 進取の精神を育成します。TOK(知の理論)では、知識の習得方法や 活用方法、さらには知識の価値について学習し、知的探究への意識を  高めます。CAS(創造性・活動・奉仕)では、楽しくかつ有意義な活動を幅広く経験するとともに、自分の内面を振り返り、ボランティア活動などを通し社会性の成長にも取り組みます。またEE(課題論文)では、自分で決めたテーマを研究し、論文を完成させます。