教育内容

DP (Diploma Programme)

(3) DP

DP (Diploma Programme)は16歳~19歳までを対象としており、合格すると、世界各国で認められている大学入学資格を得られる最終試験があるプログラムである。

 

1.DPのカリキュラム

DPのカリキュラムは、表6の6つのグループにより構成される。ディプロマ資格を取得するためには、上級レベル又は標準レベルとして、グループ1からグ ループ5までの科目を各々1つずつ選択し、さらにグループ6から芸術又はグループ1からグループ5の中からもう1科目選んで合計6科目を2年間履修する。

 

グループ名 科目
グループ1 第1言語(母語)
グループ2 第2言語(外国語)
グループ3 個人と社会
グループ4 実験科学
グループ5 数学とコンピューター科学
グループ6 芸術又は選択科目

表7 DPのカリキュラム

 

それに加え、ディプロマ取得のためには以下の3つの要件を満たす必要がある。

 

  • ・Extended Essay(EE:課題論文)

生徒が学んでいる科目に関連した研究課題を決めて、自分で調査・研究を行い、学術論文にまとめる。

 

  • ・Theory of Knowledge(TOK:知識の理論)

学際的な観点から個々の学問分野の知識体系を吟味して、理性的な考え方と客観的精神を養う。さらに、言語・文化・伝統の多様性を認識し国際理解を深めて、偏見や偏狭な考え方をただし、論理的思考力を育成する。

 

  • ・Creativity/Action/Service(CAS:創造性・活動・奉仕)

教室を出て広い社会で経験を積み、いろいろな人と共同作業することにより協調性、思いやり、実践の大切さを学ぶ。

DPは、授業、試験ともに英語、フランス語、スペイン語のいずれかで行われるのが基本である(一部では、試験的に中国語とドイツ語でも行われている)。 

 

2.DPの評価

生徒はプログラムの終わりに筆記試験を受ける。また、生徒は学内の課程を全て修了する必要がある(どちらも、教師による評価の後、外部評価が行われる)。ディプロマ資格を取得するためには、45点満点中、24点以上取得することが必要。