国際バカロレア

国際バカロレア

エントランス

リンデンホールスクール中高学部は2013年10月4日に国際バカロレアの
ディプロマプログラム(DP)の正式認定校になりました。

 

1. 国際バカロレアとは(文部科学省のホームページより)

インターナショナルスクールの卒業生に、国際的に認められる大学入学資格を与え、大学進学へのルートを確保するとともに、学生の柔軟な知性の育成と,国際理解教育の促進に資することを目的として1968年に国際バカロレア機構が発足した。

国際バカロレア機構は、スイスのジュネーブに本部を置き、認定校に対する共通カリキュラムの作成や国際バカロレア試験の実施及び国際バカロレア資格の授与などを行っている。

 

国際バカロレアには、3歳~19歳の子どもの年齢に応じて3つのプログラムがある。

  • PYP (Primary Years Programme:初等教育プログラム) 3歳~12歳
  • MYP (Middle Years Programme:中等教育プログラム) 11歳~16歳
  • DP (Diploma Programme:ディプロマ資格プログラム) 16歳~19歳

 

DPの課程を修了し、ディプロマ資格取得のための統一試験に合格することで、国際バカロレア資格を取得することができる。国際バカロレア資格は、国際的に認められている大学入学資格の1つであり、日本においても昭和54年に「スイス民法典に基づく財団法人である国際バカロレア事務局が授与する国際バカロレア資格を有する者で18歳に達したもの」について、大学入学に関し高等学校を卒業したものと同等以上の学力があると認められる者として指定された。

 

2. 国際バカロレアの3つのプログラム(文部科学省のホームページより)

IBの理念は全人教育にあり、以下の10つの学習者像を目指している。(表4)

表4 国際バカロレアの学習者像
Inquirers 探究する人
Knowledgeable 知識のある人
Thinkers 考える人
Communicators コミュニケーションができる人
Principled 信念のある人
Open-minded 心を開く人
Caring 思いやりのある人
Risk-takers 挑戦する人
Balanced バランスのとれた人
Reflective 振り返りができる人
(1) PYP

PYP (Primary Years Programme)は3歳~12歳までを対象としており、精神と身体の両方を発達させることを重視しているプログラムである。

 

カリキュラムは「何を学びたいか」「どうしたら一番よく学べるか」「どうしたら何を学んだかわかるのか」という3つの質問を中心に構成され、どのような言語でも提供可能となっている。

 

PYPのカリキュラムの基礎には、以下の6つの学際的なテーマがある。

 

  • Who we are (わたしたちは何者なのか)
  • Where we are in place and time (わたしたちはどのような時代、場所に生きているのか)
  • How we express ourselves (わたしたちはどうやって自分を表現するか)
  • How the world works (世界はどう動いているか(世界の仕組み))
  • How we organize ourselves (わたしたちは自分たちをどう組織しているのか(社会の構造))
  • Sharing the planet (地球の共有)

 

これらのテーマに取り組むべく、PYPのカリキュラムには、「概念・知識・技術・態度・行動」の5つの基本要素が組み込まれており6つの教科を実施することとなっている(表5)。

 

表5 PYPのカリキュラム
科目
言語、社会科学、数学、芸術、科学、体育と個人教育

 

(2) MYP

MYP (Middle Years Programme)は11歳~16歳までを対象としており、青少年に、これまでの学習と社会のつながりを学ばせるプログラムである。

 

1.MYPのカリキュラム

MYPでは、以下の5つの交互領域を各教科(表6)に取り入れる。

 

  • 学習の姿勢
  • 共同体と奉仕
  • 人間の創造性
  • 多様な環境
  • 健康と社会教育

 

表6 MYPのカリキュラム
科目
第1言語(母語)、第2言語(外国語)、人文、科学、数学、芸術、体育、技術

 

また、最終学年に個人プロジェクト(Personal Project)に取り組むこととなっている。

 

MYPはどのような言語でも提供可能である。また、学習期間は5年と設定されているが、もっと短い期間での学習も可能となっている。

 

2.MYPの評価

IBが設定した評価基準に基づいて教師が子どもの評価を実施。IBのプログラム修了証が必要な場合は、外部調査を毎年実施する。

 

(3) DP

DP (Diploma Programme)は16歳~19歳までを対象としており、合格すると、世界各国で認められている大学入学資格を得られる最終試験があるプログラムである。

 

1.DPのカリキュラム

DPのカリキュラムは、表6の6つのグループにより構成される。ディプロマ資格を取得するためには、上級レベル又は標準レベルとして、グループ1からグループ5までの科目を各々1つずつ選択し、さらにグループ6から芸術又はグループ1からグループ5の中からもう1科目選んで合計6科目を2年間履修する。

 

表7 DPのカリキュラム
グループ名 科目
グループ1 第1言語(母語)
グループ2 第2言語(外国語)
グループ3 個人と社会
グループ4 実験科学
グループ5 数学とコンピューター科学
グループ6 芸術又は選択科目

 

それに加え、ディプロマ取得のためには以下の3つの要件を満たす必要がある。

 

  • Extended Essay(EE:課題論文)

生徒が学んでいる科目に関連した研究課題を決めて、自分で調査・研究を行い、学術論文にまとめる。

 

  • Theory of Knowledge(TOK:知識の理論)

学際的な観点から個々の学問分野の知識体系を吟味して、理性的な考え方と客観的精神を養う。さらに、言語・文化・伝統の多様性を認識し国際理解を深めて、偏見や偏狭な考え方をただし、論理的思考力を育成する。

 

  • Creativity/Action/Service(CAS:創造性・活動・奉仕)

教室を出て広い社会で経験を積み、いろいろな人と共同作業することにより協調性、思いやり、実践の大切さを学ぶ。

DPは、授業、試験ともに英語、フランス語、スペイン語のいずれかで行われるのが基本である(一部では、試験的に中国語とドイツ語でも行われている)。 

 

2.DPの評価

生徒はプログラムの終わりに筆記試験を受ける。また、生徒は学内の課程を全て修了する必要がある(どちらも、教師による評価の後、外部評価が行われる)。ディプロマ資格を取得するためには、45点満点中、24点以上取得することが必要。